中期経営計画概要

中期経営計画

第5次中期経営計画の基本方針
当社グループは、メディカルコスメのリーディングカンパニーとして、多くのお客様にご支持を得て、ドクターシーラボブランドを主要ブランドとした化粧品事業を中心にこれまで事業を拡大してまいりました。中でも、アクアコラーゲンゲルは平成10年12月の発売開始以来ロングヒットを続けており、平成28年5月には累計販売個数が3,500万個を突破いたしました。
その一方で、国内における化粧品市場の規模は横ばいの状態が続いており、日本の人口動態を勘案しても、大きな改善の兆しは今後見込めないものと考えております。さらに、お客様の嗜好の多様化が顕著となっていることから、単一サービスや単一ブランド展開のみでは、中長期的にお客様の需要に十分応えることが難しくなるものと認識しております。
このような認識の下、今後は美容と健康を主要領域とした事業領域の拡大を迅速に行う必要があると考え、当社は平成27年12月に会社分割による持株会社体制へ移行し、平成28年2月にはエステ・サロン事業を展開する株式会社シーズ・ラボを買収いたしました。
こうした認識と活動を背景に、第5次中期経営計画では、当社がこれまで蓄積してきた強みと価値を生み出す資産を有効活用し、グループ企業経営を推進する計画であります。当社は、医療をバックグランドに持つ差別性の高いブランドと一千万人を超える顧客データベースを有しており、これらが当社のこれまでの企業活動により構築してきた強みと資産であると認識しております。第5次中期経営計画の下、これらの価値を更に高めると同時に、グループの既存事業及び新規に取り込む事業を通して、強みと資産を効果的かつ適切に活用することにより、お客様が当社から得られる価値を拡充させ、その結果として、お客様の日常における当社の商品・サービスの存在感を高め、ひいては当社の企業価値全体の向上を図ります。
さらに、海外市場における、メディカルコスメの信頼性に対する期待の高まりを生かし、世界中の人々に末永く愛用される真のグローバルブランドへ成長すべく、ジョンソン・エンド・ジョンソンのグループ企業と資本業務提携契約を締結し、海外市場における当社ブランドの認知と存在感の向上を推進いたします。同時に日本市場においても、同社との提携により、医療をバックグランドに持つ企業同士の提携の価値を広くお客様に知っていただき、価値の高い商品・サービスを提供し、新たな価値をお客様に提供していく計画であります。 

プレゼンテーション資料

最終年度数値目標

事業別最終年度売上目標

     ドクターシーラボ
国内事業
ドクターシーラボ
海外事業
エステ・サロン
事業
新規ブランド・
商材
合計
最終年度売上高目標[百万円] 41,700 1,500 3,800 2,000 49,000
年平均成長率[%] 4.8 - 16.3 - 7.5

最終年度重要指標

目標営業利益 目標最終利益 株主還元指標 目標ROE
11,000百万円 7,500百万円 配当性向:40-50% 20%
中期経営計画概要TOPへ