個人投資家の皆様へ

業績の推移は?

2016年7月期 決算期連結経営成績概況

当社グループは平成27年12月に組織体制を純粋持株会社体制へ移行、平成28年2月にエステ・サロン事業を展開している株式会社シーズ・ラボの連結子会社化、平成28年7月には海外事業の本格拡大を目的としてジョンソン・エンド・ジョンソングループ企業との資本業務提携契約を締結いたしました。
当第3四半期連結会計期間から新たに株式会社シーズ・ラボが連結対象となり、前年同期と比較して連結売上高と各段階利益が増加したことに加え、ラボラボブランドの中国人向けの販売が好調に推移し、売上高増加と利益貢献が拡大した結果、売上高は39,452百万円(前年同期比4.8%増)、営業利益は8,191百万円(前年同期比6.6%増)、経常利益は8,178百万円(前年同期比5.1%増)、親会社株主に帰属する純利益は5,289百万円(前年同期比7.1%増)となりました。
化粧品販売においては、平成27年11月に「アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX」のリニューアル発売を行い、既存のお客様を中心に好調な売れ行きとなりました。また、「VC100エッセンスローション」をアクアコラーゲンゲルシリーズに続く第2の柱とすべく、幅広い年齢層の顧客や外国人観光客への訴求を強化するとともに、販路ごとの販売活動を強化してまいりました。ジェノマーブランドは、既存商品のリニューアルを定期的に行うとともに、新しいメイク商品を数品新発売いたしました。ラボラボブランドは、当連結会計年度を通じて好調な売れ行きで、特に毛穴ケア関連の商品がインバウンド需要を取り込むかたちで外国人観光客に好調でした。以上により、化粧品事業の売上高は、35,320百万円(前年同期比5.2%増)、セグメント利益は7,429百万円(前年同期比1.8%減)となりました。
健康食品事業においては、健康食品全体の売上高を牽引している「美禅食」が、前連結会計年度と比較し、広告の出稿を減少させたことにより、前年同期比で売上高が減少しました。理由といたしましては、相対的に販売単価が高く、かつ、継続購入が期待できる化粧品事業の商品に広告割合の比重を高めたことによるものです。一方で営業利益については、売上に対する広告販促費用の費用対効果が向上したことにより、前年同期比で増益となりました。以上により、健康食品事業の売上高は、2,908百万円(前年同期比28.8%減)、セグメント利益は588百万円(前年同期比392.5%増)となりました。
エステ・サロン事業においては、当第3四半期連結会計期間に株式会社シーズ・ラボを連結子会社化したことに伴い、同社が運営するエステ・サロン事業を新たな報告セグメントといたしました。当連結会計年度においては、新規導入したメニューより、既存顧客の追加契約が増加し、売上高の増加に貢献しました。また、シーズ・ラボの各店舗において、ドクターシーラボブランドを始めとした化粧品等の販売も、積極的な展開を開始しました。以上により、エステ・サロン事業の売上高は、1,248百万円、セグメント利益は159百万円となりました。

  • [ 売上高 ]

    2016年7月期 

    39,452百万円

  • [ 営業利益 ]

    2016年7月期 

    8,191百万円

  • [ 経常利益 ]

    2016年7月期 

    8,178百万円

  • [ 当期純利益 ]

    2016年7月期 

    5,289百万円

2016年7月期 決算期連結財政状態概況

  • [ 負債 ]

    2016年7月期 

    8,189百万円

  • [ 純資産 ]

    2016年7月期 

    27,951百万円

  • [ 総資産 ]

    2016年7月期 

    36,140百万円

業績の推移は?TOPへ