個人投資家の皆様へ

第4次中期経営計画の進捗状況~2016年7月期の総括~

“既存商品の成長回復”と“新規商品の育成”を積極的に行い売上高の向上を図りました。

当社グループは第4次中期経営計画の最終年度として、平成27年12月に組織体制を純粋持株会社体制へ移行、平成28年2月にエステ・サロン事業を展開している株式会社シーズ・ラボの連結子会社化、平成28年7月には海外事業の本格拡大を目的としてジョンソン・エンド・ジョンソングループ企業との資本業務提携契約を締結いたしました。 当第3四半期連結会計期間から新たに株式会社シーズ・ラボが連結対象となり、前年同期と比較して連結売上高と各段階利益が増加したことに加え、ラボラボブランドの中国人向けの販売が好調に推移し、売上高増加と利益貢献が拡大した結果、売上高は39,452百万円(前年同期比4.8%増)、営業利益は8,191百万円(前年同期比6.6%増)、経常利益は8,178百万円(前年同期比5.1%増)、親会社株主に帰属する純利益は5,289百万円(前年同期比7.1%増)となりました。

業績の推移

下期/来期の取り組み
今後の展望は?[中期経営計画の進捗状況]TOPへ