早わかりシーズ・ホールディングス

2015年7月期においては、継続的な商品販売を目的とした定期配送の訴求の強化や、新商品の発売、既存商品のリニューアルを定期的に実施しました。下期では、薬用化を取得した「薬用アクアコラーゲンゲルスーパーモイスチャーEX」と、「VC100エッセンスローション」を中心に施策を展開しました。主力商品をリニューアルしたことで、商品販売棚の拡大や営業活動強化にも繋がり、ドラッグストアを始めとする卸売販路が好調に推移しました。また、口コミや多数の美容雑誌掲載などで人気の高い「VC100エッセンスローション」はリニューアルをきっかけに少量サイズや、お得な大容量サイズを新たに展開したことで、お試し購入をする新規のお客様獲得や、継続購入者の増加に繋げることが出来ました。健康食品事業は、引き続き「美禅食」が好調に推移しました。

2016年7月期の国内事業は、「アクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX」のリニューアルにより、アクアコラーゲンゲルシリーズ売上高の拡大を図ると同時に、ゲル商品と相性の良い美容液やクリームとのセット商品を販売することで、購入単価の改善も目指します。販売戦略としては、各販路に対して影響が大きいテレビCMや新聞広告などのマス広告を媒体ごとに効果性を見ながら配分していくという、これまでの広告宣伝活動を継続すると同時に、地域ごとの特性に合わせた広告宣伝活動を行うことで、対面店舗や販売店の店頭にお客様を誘引する施策といった、これまでと異なった訴求方法にも取り組んでまいります。さらにお客様を取り囲む様々な交流会を実施し、お客様から常に選んでいただけるブランドを目指します。海外事業は、引き続きアジア各国の販売強化を行ってまいります。

ドクターシーラボは、皮膚の専門家によって研究開発された、メディカルコスメの代表的商品と言える「アクアコラーゲンゲル」とともに、「肌トラブルに悩む全ての人々を救う」という理念のもと、1999年に設立いたしました。

「メディカルコスメ」の特徴である安全性や機能性は化粧品市場の中でも注目を浴び、メディカルコスメ市場の拡大とともに当社も成長を続けてまいりました。

このような国内の成長に加えて、更なる長期的成長を実現するには海外展開の強化が不可欠です。今期よりスタートした第4次中期経営計画では、海外展開の本格拡大を実現すべく、今期中に海外有力パートナーと連携し、事業展開のスピードアップを図る計画です。環境汚染が深刻化している中国やシンガポールでは肌トラブルも増加しており、当社のメディカルコスメが求められていると考えております。企業理念を胸に日本からアジアへ事業基盤を拡大してまいります。

代表メッセージTOPへ