代表メッセージ

2016年7月期は、事業領域の拡大を目標とし、組織体制を純粋持株会社体制へ移行し「株式会社シーズ・ホールディングス」へと商号を変更いたしました。その一環として、2016年2月にエステ・サロン事業を展開する「株式会社シーズ・ラボ」を買収し、グループ傘下に収めました。さらに2016年7月には、「ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下J&J)」グループ企業との資本業務提携を締結するなど、今期は当社にとって変革の1年となりました。

中でもJ&Jのグループ企業との提携は、海外事業拡大のために事業パートナーの選定を模索していた当社にとって、非常に意義の深い重要な案件となりました。特に、顧客を第一と考える企業理念に同一性があることや、両社ともに医療をバックグラウンドにもつ商品・サービスを展開しており、目指す方向性に親和性が高かったことが今回の提携に至る重要な要素となっております。

2017年7月期は、第5次中期経営計画の初年度として、目標に掲げている①ブランド価値の拡大②顧客データベースの活用を推し進めてまいります。国内ではドクターシーラボ事業の安定成長を図るとともに、アクアコラーゲンゲルシリーズの売上回復に向けた施策の強化、新規購入客の獲得に向けた施策を進めてまいります。また、2017年1月より新顧客サービスがスタートいたしますので新システムの導入により優良顧客の満足度の向上、さらには休眠顧客の再顧客化に繋げてまいります。エステ・サロン事業は出店拡大と海外店舗展開を計画しております。

私が院長を務める皮膚科クリニックから誕生した「アクアコラーゲンゲル」が1998年12月に商品化され、ドクターシーラボブランドを主力事業として成長した当社グループは、創業18年を迎えます。

国内メディカルコスメのリーディングカンパニーとして成長し続けてきた当社ですが、国内化粧品市場の規模が近年は横ばいの状態が続いていることや、単一のブランド展開のみでは中長期的にお客様の需要に応えることが難しくなってきていることから、メディカルコスメの領域に留まらず、OTC医薬品や他ブランドを取り込みながら事業領域を拡大するとともに、海外地域の商品展開を本格的に拡大する計画です。

当社グループは皮膚科医が監修した高品質・高機能なメディカルコスメを発信し医療をバックグラウンドに持つ企業として、通信販売や卸売販売、対面販売と複数販路で販売をすることでこれまでに数多くのお客様から支持を得てまいりました。

今後は、これまで構築してきたドクターシーラボのブランド価値と1千万人を超える顧客データベースを積極的に活用し、多くのお客様に喜びや感動をご提供できる商品やサービスの充実化を進め、お客様の日常における当社商品やサービスの存在価値を高めてまいります。そして将来的には、当社が発信する商品が世界中の人々に末永く愛用される商品になるよう、ブランドのグローバル化にも積極的に取り組んでまいります。

代表メッセージTOPへ